3月20日(金) 加古川の「かこむ」の展示スペース、タパスでの写真展が終わりました

コロナウイルスの為、展示場所がずっと開館しているかどうか不安でしたが、今日20日まで予定通り展示を続けることができました
お手伝いにかけつけてくださった方、写真展を見に来てくださった方、ありがとうございました。

また、新入生へのバッグ作りや奨学生の支援などでワンドロップと関わって下さっている方も会場に来てくださり、
写真を見ながら、現地の様子をお伝えすることができました。
2020年、校舎は3階立てに、生徒は100人になりました。ここから、新たな出発になります。

写真展の期間中にバングラデシュのスタッフ、タリクさんから現在の校舎の画像が送られてきました。
3階とトイレの増築工事の90%が完了したということです

あいにく、バングラデシュもコロナの影響で、3月中は学校は休校です。生徒の姿が見えないのが残念です。
はやく、この災いが去り、平和な日常が世界中にもどることを強く望みます。

29C798B9-D547-487D-A026-5C7AE6CF7C58.jpg

この記事へのコメント