2月5日の活動 5年生の思い出づくりお買い物、4年で新聞バック、5年でヤスミンの英語の授業

昨夜、副校長のヤスミンがダッカから到着。
よかった。彼女の授業、特に1年生のオリエンテーションはとてもうまい。
今年、5学年がそろったので、タリクさん、ヤスミン、ワンドロップで学校の運営会議をします。

この日の午前中は5年生とお買い物体験学習。車と小さなバイクタクシー(CNG)で18人の生徒と引率の先生、ヤスミン、
そして日本人たちが近くのバザールに移動しました。車に乗ったときからテンション上がっています。

日本からの5人がそれぞれ、3人から4人の生徒を受け持ち、かれらに一人100タカ(130円ぐらい)を持たせます。
前に授業で作った新聞バックを持ってお買い物です。この子たちは自分でお小遣いをもつこともなく、買い物もしたことが
ありません。ワクワク、どきどきです。お店の人にも緊張してやりとりをしていました。
それでも、だんだん慣れてきて、ノートや文房具のほかにお菓子をいっぱい買いました。引率のTさんは[買ったキャンディをすぐくれようとするんです]と言って感動していました。

家に持って帰ってどんなふうに家族に話すでしょう。どんな団欒になるのでしょう。

午後からは、ヤスミンの英語の授業です。今年の11月に義務教育の終了の試験があります。合格しないと中学に進めません。
ワンドロップの学校にとっても始めての受験です。今後のこともあるので、今の5年の生徒たちの学力が
合格のレベルに達しているように願うばかりです。ヤスミンの授業にもとても熱がこもっています。

インシャラー(お願いをするときの言葉)

1E113351-D134-48F7-A5FE-08C007FF5E86.jpg

この記事へのコメント