2月4日の活動、放課後はタリクさん事務所でコミラの奨学生たちと出会う

コミラにはワンドロップの奨学生たちが9人いる

女子の結婚、家の事情で勉強を止めて働く子ども、支援の途中で何人かが勉強を止める
それでも、12年生までしっかり勉強を終えて、サポーターにありがとうの挨拶をしてスカラーシップを満了していく子どももいる
いろいろ課題はあるが、しっかりと支援を受ける子どもと面接し、サポーターの人たちに正しく様子を伝えていかなければと思う。

まだまだサポートの必要な子どもたちがバングラデシュにはたくさんいる
多くは無理だけど、目の前の子どもに何かできればと思う
DD818D7F-E2A8-416F-8D73-6199300D1F21.jpg

この記事へのコメント