小野市の中学校からうれしい連絡がありました

(1)小野南中学校からトライやるの文集が送られてきました。
 5月にワンドロップの活動に参加してくれた2名の生徒の感想を読ませてもらいました。
 Oさんは、「・・・将来、少しでも多くの子どもたちが救われ、少しでもこの活動をひろめられるよう、小さなことでも努力し、人の役に立てる人間になりたいです」と書いています。
 Fさんは、募金活動をして「・・・(自分のこの恥ずかしさはなんなのだろう)と自分がばかばかしくなり、バングラデシュの子供たちに、私からもエールを送ろうと思いました」と。
 この5日間は彼らにとって、とても濃い日々だったようです。成長がとてもうれしいです。Oさんは11月の人権フィナーレで全校生徒の前で作文を読むそうです。
がんばれ!

(2)10月16日に小野中学校の2年生にワンドロップの活動についてお話をします。
 小野中学校はワンドロップ発足以前からバングラデシュへの文房具支援などでお世話になっていました。
今回、その経緯とワンドロップの設立の意味などをみなさんにお伝えできます。
この講演を受けて2年生の人権旬間の取り組みがスタートします。
ワンドロップの想いが伝わる講演にしたいです。

posted by ワンドロップ at 22:48Comment(0)日記

びいぷらす(加古川)での写真展が終わりました

一週間があっと言う間でした。友達が見にきてくれました。この場所の常連さんたちと話しがてきました。とてもユニークな方たちで楽しかったです。
最終日の今日、イーちゃんがお母さんと来てくれました。実は2回目です。びいぷらすのスタッフの方たちとも打ち解けていろんな話しができました。
3時ごろ山内さん、山中さんが来てくれ、搬出が終わりました。びいぷらすの壁は何もなくて寂しそうです。一週間ありがとうございました。また来年新しい写真で壁を埋めたいです。
マジュンダーワンドロップ小学校のシールをイーちゃんのお母さんが車に貼ってくれました。
少しずつですが支援の輪が広がっています。

イメージ 1

posted by ワンドロップ at 23:54Comment(0)日記