6月18日 清水さんのところの募金箱

イメージ 1
清水さんにはいつも癒しをいただいている。
バングラデシュのグッズを預かってくれて知り合いの方に見せてくれている。募金箱やパンフレットも置かせてもらっている。

今日、募金箱をあけましょうということになり、開封。

私やワンドロップと実際にであったことのない人たちが、募金してくれている。本当に 一滴、一滴があつまればオーシャンになれる。

ワンドロップの活動を通して、たくさんの人々の一滴が集まっている。

posted by ワンドロップ at 12:23Comment(0)日記

6月9日(日) 写真展と民芸品の展示@イオン加古川 最終日

1週間があっというまに終わった。
9時半に会場に来て、民芸品を展示する。毎日少しづつ配置などを変えてみた。ある日は真珠を前に出したり、ショールのかけ方を斜めにしたり、それによって、前を通る人の目線が変わる。
おもしろいなあ。

写真のピントと露出を一生懸命教えてくれたおじさん。
見る人の心をつかむ写真を展示しなければいけないと力説。
その通りですが、いかんせんまだまだ直感だけでうつしている私。
「技術的なことはわからないのです」というと、「勉強しなければ進歩しませんよ」とずばり言われた。

足を手術して、毎日リハビリでイオンの中を歩いているおばさん。ずいぶん元気になった。今日はわざわざ挨拶にきてくれた。

80歳ぐらいのご夫婦。説明を聞いてくれて、子供たちの写真を見て、涙をながしてくれた奥さん。「子供たちの目があんまりきれいので・・・」と言ってくれた。「もっと若ければいっしょに行けたのに。」と。「リサイクル品を集めます」と言ってくれた。

ここにいると、たくさんのやさしさが見える。

3時ごろ、ジョージさんが来てくれた。
二人で搬出。
商工会の方に挨拶。
12月にもOneDropの展示をしてくれる。
ありがとうございます。


posted by ワンドロップ at 00:00Comment(0)日記

6月3日 写真展と民芸品の展示@イオン加古川

イメージ 1
今日から1週間、イオン加古川の2階K.S.D.ギャラリーにおいてワンドロップの写真展と民芸品の展示販売をします。9時半から協力者のみなさんと搬入、展示をしました。
ここでの催しはもう4回目になります。通りかかりの人が「前もやっていたね。」「元気だった?」と声をかけてくれます。やはり、続けるのはいいです。人と人とのつながりを実感しています。

4月のスタデイツアーの成果を報告しています。
学校建設予定地の工事が本格化しています。
資材がそろい、整地が進んでいます。

奨学制度も軌道に乗っています。10年生を終了し、国家試験SSCテストに挑戦したロッサルがみごと合格しました。日本の大検のようなものです。孤児だった彼にカレッジ、大学の道が開けました。
彼の快挙はほかの生徒たちによい影響を与えています。

コミッラでは2014年度の奨学生10名が申請書を出しています。
また、ダッカからも10名の生徒の申請書をあずかっています。
10月にかれらに出会いに行くのが楽しみです。

ワンドロップの活動で一人でも多くの子供たちが学校に安心して通えているのがとてもうれしいです。


posted by ワンドロップ at 22:32Comment(0)日記