1月18日 バングラデシュ コミッラのOneDropの奨学生たち

イメージ 1
現在8名の生徒たちがOneDropの奨学制度を通して教育支援を受けています。ダッカで1名、コミッラで7名です。
コミッラの7名は毎月、現地のタリクさんの事務所へ子供と親とが出向き、支援のお金を受け取っています。タリクさんは毎月、その受取書を日本に送ります。10月、11月、12月、1月と郵送されてきました。
12月と1月の郵便物の中に子供たちからの感謝の手紙が同封されていました。さっそく日本の支援者の方にお知らせしました。

1月に同封された手紙では成績表を添付している生徒もいました。日本の支援者の方に深い感謝の気持ちと勉強に励んでいることを伝えています。
OneDropの活動がこれらの子供たちの役にたっているのを実感しました。

以下にロサル(Md Rosal Ahmed)の手紙を原文のまま示します。

My dear Ogura,
At first you take my heartiest love and respect. to you.
I hope that you are very well by the grace of almighty creation. I am describing to you about my self and my family. You know that I am a orphan boy. My parents is not in this world. One of my uncle to look after me and my studies. I am a Bangladeshi and I am a student.

Now I am a examinee of secondary school certificate (S.S.C). I passed the test examination in G.P.A 9. Your help encouraged me to do a good result. You are very helpful for me like my parents. I hope that I shall do better in my future exam in your assistance.

No more today. Cordially my love for you and your country people.

Sincerely

Rosal.

小倉様

まず、心から、愛と尊敬をこめて。
神様のご加護を得て、お元気でいらっしゃいますように。

これから、自分と自分の家族のことを述べたいと思います。
私はご存知のように孤児です。両親はこの世におりません。
一人の叔父が面倒をみてくれています。
私はバングラデシュ人で生徒です。

さて、私は中学校へ進級するテスト(S.S.C)を受けました。
G.P.A 9というスコアーで合格しました。
あなたの援助が私を励ましてくれてこのような高得点をとることができました。あなたはまるで私の親のように私を助けてくれます。
あなたの援助を受け、これからのテストにも最善を尽くすつもりです。

きょうはこのへんで。
あなたとあなたの国の人々に心から愛をこめて。

ロサル


posted by ワンドロップ at 00:00Comment(0)日記